宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス
国立音楽院宮城キャンパスは宮城の豊かな自然に囲まれて音楽を学ぶことができる音楽学校・音楽高校です

宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス

0229-25-5461

宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス

インターネット出願はこちらから

国立音楽院宮城校の新着情報

新着情報TOPICS

廃校の小学校の再利用について住民説明会-宮城に誘致16年9月開校へ

2015/08/09 お知らせ

地元の町民の方々を集め、上多田川小学校跡地再利用について、 国立音楽院より「地方創生:音楽と福祉のまちづくり」の企画書を元に 学校の紹介や今後の展望をお話して、質疑応答でコミュニケーションをとりました。 ウインドオーケストラの授業を受け持つ、成田徹先生と在校生で編成される サクソフォンカルテットの演奏も、旧上多田川小学校の体育館にて披露しました。 基本的には、受け入れ歓迎の感想をいただき、上多田川地区のコミュニティとして 地域活性の起爆剤となることを期待されました。 ———————— 宮城県加美町は3日、昨年3月に閉校した旧上多田川小跡地に、本音楽院「国立(くにたち)音楽院」(東京)の加美校を誘致すると発表しました。 本 音楽院「国立(くにたち)音楽院」(東京)と大筋合意しており、楽器の製作・修理、音楽療法を学ぶ生徒を受け入れ、来年9月の開校を目指しております。 宮城キャンパスはバイオリン製作、ギタークラフト・リペア、ピアノ調律、音楽療法、リトミックなど8コースを設けます。 専門部は1年間、音楽療法とリトミックは2年間、ほかは3年間学ぶことになり、1学年50人程度の受け入れを致します。 国の地方創生事業を活用し、町から当面、旧上多田川小の校舎を無償提供して頂けます。 卒業生の就職先として同小敷地内に楽器の製作・修理工房を設ける構想もあり、町への定住を促すようにします。 猪股町長は「人口減、少子高齢の地域課題を音楽という切り口で解決する」と話されています。 本音楽院は1967年設立。講師140人、生徒400人。分校設置は鳥取県南部町に次いで2カ所目です。 町は2013年から上多田川小の跡地利用を検討してきたようです。 9日午後3時、同小体育館で住民説明会を開きますので、是非お立ち寄りくださいませ。 詳細等のお問い合わせは町企画財政課までお願い致します。 TEL:0229(63)3115 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201508/20150804_11054.html   2015.8.9住民説明会チラシ-001
  • 音楽をテーマとしたまちづくり
  • 宮城県加美町と国立音楽院宮城校の挑戦

協賛団体・企業様