宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス
国立音楽院宮城キャンパスは宮城の豊かな自然に囲まれて音楽を学ぶことができる音楽学校・音楽高校です

宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス

0120-987-349

宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス

インターネット出願はこちらから

国立音楽院宮城校管楽器リペア科

管楽器リペア科WIND INSTRUMENT REPAIR

壊れた楽器を生き返らせる
リペアラーは楽器のドクター

楽器演奏者であれば必ず経験がある、楽器の故障は悩みの種です。楽器の値段に関わらず、パートナーとしての楽器を最善の状態で演奏できるように管楽器リペアラーが存在します。
どんな楽器にも対応できる柔軟な修理方法を習得することで社会に出ても仕事を長続きさせることが可能となります。

修業年数
3年制
募集定員数
男女15名
進路
楽器店(修理・販売)、楽器工場、楽器修理工房、学内楽器工房

管楽器リペア科

------
------

世界にも類を見ない吹奏楽に関わる人口に対して楽器のリペアラーが少ない日本。
楽器の寿命と魅力を最大限に伸ばすリペアラーとして確かな技術を身につけられます。

  • 管楽器リペアラーになる夢を現実にする教育環境
  • 演奏者に寄り添うプロの管楽器リペアラーになるための教育環境
  • 日本一の管楽器リペア工房を目指しその職員育成にも精通した授業内容
  • 研究科

管楽器リペアラーになる夢を現実にする教育環境

管楽器リペアラーになる夢を現実にする教育環境

管楽器リペア科に所属する生徒は楽器経験者が多いです。「演奏者として仕事がしたいが現実問題として難しい」そこで楽器修理の技術を修得することで一生涯楽器に携わる仕事が出来る。
また、楽器が壊れた時に学校に来たリペアラーにその場で直してもらい、その感動が忘れられず管楽器リペアラーを目指す生徒も少なくありません。
具体的な将来像に向けて、たくさんの楽器を触り経験を積み上げ、基礎的な技術を徹底して学ぶことで、ケースバイケースの修理にも柔軟に対応できるのが、プロになるための必須条件です。

管楽器リペアラーになる夢を現実にする教育環境

演奏者に寄り添うプロの管楽器リペアラーになるための教育環境

演奏者に寄り添うプロの管楽器リペアラーになるための教育環境

宮城県加美町の猪股町長が旗揚げし、2014年に結成された市民オーケストラ「バッハホール管弦楽団」と合奏が出来ることも宮城キャンパスだけの特徴です。
管楽器リペアで学んだ楽器の特性が演奏にも活かされ、楽器修理のモチベーションを保つ為には演奏できる環境が不可欠です。演奏者の気持ちを汲み取れるリペアラーになる為には、現役で楽器演奏をしている事が最高の環境と考えております。

演奏者に寄り添うプロの管楽器リペアラーになるための教育環境

日本一の管楽器リペア工房を目指しその職員育成にも精通した授業内容

日本一の管楽器リペア工房を目指しその職員育成にも精通した授業内容

大きく分けると木管と金管に分類される管楽器は、それぞれの音域や役割に合わせて大きさも様々。1.2年生では色々な楽器修理をまんべんなく学びます。
3年目は生徒一人一人が、技術向上と研究課題を決めて卒業発表をしてもらいます。
修理の仕事を見据え、お客様に適正な見積りを出し、最良の方法で最短の納期をお約束できるように実践的な授業展開もしております。

日本一の管楽器リペア工房を目指しその職員育成にも精通した授業内容

研究科

研究科

宮城キャンパス内に設置する楽器工房のアシスタントとして、売り上げ管理や楽器販売の販路拡大など、独立工房を立ち上げる時にも役立つ学びが出来ます。
また実際の修理を想定した実践的な技術向上や、加美町の金管バンドや吹奏楽部への定期メンテナンスにも参加してもらいます。

研究科

------
------

管楽器リペア科のカリキュラム一例(必修科目は一例です。)
(必修科目は一例です。)

分類 学科目名 学科概要
必須 実技 > 実技レッスン一覧から選択してください ワンツーワン方式で行う楽器の実技レッスン
受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせて指導します。
将来の資格取得や目標を見据えた楽器を履修してください。
科目 管楽器リペア実習 伝統ある管楽器リペア技術の修得。実技重視の少人数制指導。
選択 科目 オープンシラバス – 自分が好きで学びたいことを全授業の中から選択
> オープンシラバスの詳細

管楽器修理の全国展開に向けて

東京校では楽器修理工房を立ちあげ、東京都を中心に一都三県の小学校・中学校・高等学校・大学・一般の吹奏楽部や楽団から修理品を回収して直して戻すビジネスを展開しております。
金額や納期の問題で修理品を出せないまま、壊れた楽器で演奏をしている生徒さんがいることを知り、一つでも多くの楽器を直して、楽器を最善の状態にすることを目指して工房を運営しております。
多くの吹奏楽部は、長年お付き合いのある会社があるので、新規で注文をいただく事は大変ですが、リペアラーが学校回りをして無料点検・見積りをしたり、メンテナンスの必要性を生徒さんの目の前で見せて意識改革をしてもらっております。
お試しでお預かりした楽器修理を体験してリピーターになる方は8割を越えております。
この運動を全国で展開して行こうと、楽器ひとつひとつの特性を瞬時に見極めて演奏者の意向に寄り添うそんなリペアラーの育成に力を入れながら、現場で活躍できる技術指導に徹しております。

  • WEB願書受付中!!WEB願書受付中!!
  • 資料請求申し込み!資料請求申し込み!

協賛団体・企業様

サイトマップはこちら