宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス
国立音楽院宮城キャンパスは宮城の豊かな自然に囲まれて音楽を学ぶことができる音楽学校・音楽高校です

宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス

0120-987-349

宮城の音楽学校・音楽専門学校 | 国立音楽院 宮城キャンパス

インターネット出願はこちらから

国立音楽院宮城校と地方創生プロジェクト

地方創生 LOCAL WOUND LIFE

立音楽院宮城校と地方創生

「地方創生」に繋がる 若者の「仕事・ライフスタイル」を創生する

宮城県加美町から発信する音楽をテーマにした町づくりは、内閣府からも期待されている日本初の試みで、全国のモデルケースとして宮城キャンパスが2017年4月にスタートを切ります。開校に向け、立ち上げられた「音・農・食・人を通してみんなで創る地域プロジェクト」は加美町と河北新報社がタッグを組み東北全域をターゲットに、加美町役場や町民の方々も巻き込んだPR企画を進めております。8月下旬の加美町音楽フェスティバル、9月第2日曜日のやくらいべごっこまつり、2月11日のうめぇがすと鍋まつりなど、加美町のイベント・お祭りにリンクして音楽や農業の体験合宿を開催して、町の魅力を存分に味わって頂く具体的な交流を図っております。地元に根ざした音楽文化の創生を、楽器製作や音楽療法士・リトミック指導員などの具体的なお仕事を前提とした学びで修得することで、地方で生活する基盤を作り、町の方と音楽を通じてコミュニケーションを取ることで心と心の繋がりを深めていきます。人の役に立つ喜びを具体的に体感するには、壊れた楽器を直したり、欲しい楽器を作ったり、施設に音楽を届けたりと、自己表現を形に出来る「手に職をつける」がキーワードである事を確信しております。

------

あなたに 「しあわせ」と「ゆたかさ」を
加美町独自のバックアップ

エフエム仙台

加美町猪俣町長インタビューbyエフエム仙台

加美町の猪股洋文町長が、「音楽のまちプロジェクト」について、これまでの経緯とこれからの展望を分かりやすく語ってくださっております。 「一意専心に良いと思ったアイディアを実行する勇気」猪股町長の今の思いを是非お聞きください。

エフエム仙台

地域おこし教育隊

地域おこし教育隊

国立音楽院宮城キャンパスを卒業した後の進路を加美町役場も全面的にバックアップしてくださいます。加美町で学び、加美町の方々とふれあった喜びを、次は卒業生が町に還元することが感謝の形となります。例えば2009年に総務省によって制度化された「地域おこし協力隊」などの制度を活用してより具体的に町の産業に寄与する方法を見つけ出すことが出来るのです。活動対象は農業水産業からスタートしましたが、現在では、環境、医療・福祉、観光、教育、地域づくりなどさまざまな分野の活動を総務省から加美町を通じて報償・活動費を支給されながら出来るようになりました。地に根をはったスローライフの始まりがここにあります。

地域おこし教育隊

詳しくは加美町HPへお問い合わせ下さい。

加美町HPはこちら

都会では体験できないプログラム

都会では体験できないプログラム

人を喜ばせて、笑顔にする、そんな音楽の仕事を 宮城キャンパスで体得して日本を支える地方に寄与する、心ゆたかな人生を歩んで頂きたく分校設立に到りました。自然豊かな宮城県加美町で、農業体験など都会では出来ないカリキュラムも組み入れることでクオリティ・オブ・ライフ( 英: q u a l i t y o f l i f e 、 Q O L ) を高め本来の自分と向き合って頂ける環境の基、本当にやりたいことを徹底的に学び、人の喜ぶことを仕事にして、画一的ではなく創造性豊かな人生を手に入れてください。

都会では体験できないプログラム

町からの温かい応援メッセージ

音楽院で出会った学生達は、みんな談笑し生き生きとしていました。きっと、自分が求めているものに出会えたからでしょう。「好きな音楽を一生の仕事に活かす」を理念とする国立音楽院が、宮城キャンパスを開校することに大きな期待を寄せています。宮城キャンパスが、好きな音楽を一生の仕事に選び、自分を信じて夢の実現に向けて学ぶ学生の姿であふれることを願っています。そして、ここで学び、身に付けた技術を、音楽のまちづくりを進める加美町で活かし、町を活性化してくれることを期待しています。加美町は、皆さんを心から歓迎し、応援します。
(写真右 教育長 早坂 家一 様)

加美町議会議長下山様・教育長早坂様

平成29年4月に国立音楽院宮城キャンパスが、加美町音楽技能修得施設を利活用して上多田川の地に開校したことは大変喜ばしいことであります。国立音楽院宮城キャンパスは、ピアノ調律・楽器製作・音楽療法など好きな音楽を一生の仕事に結びつけるための多岐にわたる教育が受けられる充実した施設となっています。バッハホールを核とした音楽のまちづくりを目指す加美町としても、音楽の夢を志すみなさんを応援します。卒業後のサポートもありますので、定住をしてもらえれば幸いです。結びに、在校生の夢が叶うことと宮城キャンパスのますますの発展をご祈念いたします。
(写真左 加美町議会議長 早坂 伊佐雄 様)

加美町議会議長下山様・教育長早坂様

  • 音楽をテーマとしたまちづくり
  • 宮城県加美町と国立音楽院宮城校の挑戦

協賛団体・企業様